診察

足の血管が浮き出るのは下肢静脈瘤の初期症状|早期発見方法を大公開

早目の検査

聴診器

検査方法

足の血管が浮き出る症状に悩まされている人は多いのではないでしょうか。とくに、年配の人に多い症状であり、正式名称として下肢静脈瘤と呼ばれています。しかし、年齢や疲れのためだと症状をそのままにしている人も多いはずです。足の血管が浮き出る症状をそのままにしておくことで、重症化してしまい足に強い痛みを感じてしまうこともあるのです。さらに、足の血管が浮き出る症状は早目に治療などを行うことで改善されることが分かっています。反対に治療を行わないでそのままにしておくことで完治しにくい体質になってしまうのです。足の血管が浮き出る症状の検査ができる場所は、外科や血管外科、そして心臓血管外科などです。他にも形成外科や皮膚科でも検査や治療を行っている場合がありますが稀であるため、おかしいと感じた場合には外科や血管外科で受診されることをお勧めします。そして実際の検査方法としては、まずは超音波検査やエコー検査から始まります。この検査は痛みもなくおおよそ10分ほどでどのような状況になっているのかが分かります。また、下肢静脈造影と呼ばれるレントゲン検査が実施されることもあります。空気脈波検査という方法もあり、これは下肢を上げ下げしたときの下腿の容量変化を測定して、症状の状態を検査することができるようになるのです。多くの検査方法がありますので、この症状に悩まされている場合には早目の検査を行うように心がけることが大切なことです。